FXスワップの仕組みは?

 

 

スワップとは正式名称をスワップポイントと言われるもので、投資家の間ではスワップ金利と言う言い方が通常です。

 

スワップ金利には多くの投資家が興味を示していて、そして多くの投資家によって利用されているFXの1つの取引手法です。

 

スワップ金利とは異なる2国間の通貨の金利差のことで、金利の高い通貨を購入して、低い国の通貨を売ることでスワップ金利を受け取ることが出来るのです。

 

 

現在日本ではゼロ金利政策を長い間実行していて、昔みたいに金利で生活することは難しくなっています。

 

金利で生活するのは昔であれば数千万円の貯蓄を持っていれば可能でしたが、今では何億円の貯蓄を持っていてもなかなか難しい話になっています。

 

しかし海外に目を向ければ今でも金利の高い国はいくつかあって、その国の通貨を買えばスワップ金利として利益を出すことが出来るのです。

 

例えば現在でも金利が4パーセント〜5パーセントをつけているオーストラリアドルの場合は、日本円を売ってオーストラリアドルを買うことになり、オーストラリアの金利を4.5パーセントで日本の金利を0.1パーセントに仮定すれば、この場合のスワップ金利は4.5パーセントから0.1パーセントを引いた4.4パーセントになります。

 

この場合、オーストラリアドルが80円で10000通貨で取引すれば、年間累計のスワップ金利で35200円の利益が生まれるのです。

 

もちろんこれは全く為替変動もレバレッジも含めないものなので、基本的にはスワップの仕組みはこのようになります。

おすすめサイト

 

政策金利一覧
外為どっとコムの政策金利一覧